亡きお姑さんが編んだケット

2010年11月30日 09:00



              
               先日息子宅へ行った時

            

              SH3E02900001.jpg


                辛子色ソファーに掛けてあったかぎ針編のケット


                殿のお母さんがセーター解いた糸で

                何枚も編んだ毛布代わりのケットの一枚


                 私が大好きで3枚も貰った中の一枚


                   なんともこの素朴さがいい



                 息子も気に入って使ってくれている




             殿の実家へ行くと姑さんはいつも編んでいて


                その配色の素敵なこと!


              本人は適当に繋いでいるのよ・・なんて言っていたけれど


               絶対違う!・・無意識な配色のセンス


              物の無い時代の知恵、リサイクルの精神


               そしてなによりも編む編む根気は凄い!



            黙々と編んでいる姑さんの姿が今でも懐かしく思い出します



               明治の生まれ・・・


               なかなかの厳しいこだわりのある人でした




                体調を崩してから

                
                 機会があって我が家へお泊りしたとき


               一緒にお風呂へ入った時の笑顔が忘れられない



                  尊敬していた一人です



             

               

四苦八苦の持ち手付け

2010年11月29日 11:30





          持ち手が皮2枚、バック本体もキルトなので

                   なかなかミシンが思うように行かず四苦八苦


             職業用ミシンでも旨く行かず


             コンピューターミシンのほうが幾らか楽


           こんな時後悔する工業用ミシンの廃棄処分です



                でも・・仕方ない・・この出来栄えでまあいいっか


          SH3E03100001.jpg
             (ちょっと大きめトートバック)





             次は頼まれお直し仕事               

                 あまり素敵なTシャツなので公開(友人の娘さんの物)

               SH3E03090001.jpg

                   パッチしたロック縫いのあちこち解れ


                  このままにしていちゃ捨てることになるので


                     「勿体ないから~~」で・・・・



                 こんな細身でおしゃれなTシャツ

                      私も着てみた~~い





               まだある


                 型紙起こしも今日中に










              



                     


                    


          

ばあちゃん相変わらず忙しい

2010年11月28日 22:20





             今日はとってもいいお天気で


               お布団干して


               洗濯沢山して


             日光の香りっていいなあ~




             「おばあちゃんのところへ行ってみようか~」で


               お泊りしていた孫姫とご老人様のホームへ



              まだ足が痛いらしいけれど「買い物行く?」って聞いたら


                嬉しそうに 「行くわ~」で


                3人で 買い物してファミレスランチして
                  (お菓子に洋服)


             姫が車いす押してくれたりドアを開けてくれたり


              ご老人様のおトイレまで連れて行ってくれたり


                    大助かり


               私より気が付く姫にご老人様も


                 「誰に似たの?」なんて憎まれ口きいていたけれど


                とっても楽しそうで・・・良かった




               私も姫が一緒のほうが気持ちが分散されて


                 穏やかに接してあげられることに気が付き



               姫も進んでお世話をしてくれるので


             これからは姫と一緒に行くことにしようかと思っています 



               「 来週もまたくるね~~ 」でバイバイ 



          (携帯を忘れてしまったのでパチッと出来ず画像がありません)         



            
[ばあちゃん相変わらず忙しい]の続きを読む