自宅看取り

2013年04月23日 08:30





            一昨日の晩は 忘れないうちに、やる気が残っているうちに


               講習の続きを・・




              パチっとテレビをつけながら~と リモコンスイッチ入れたら




           NHKスペシャル 「家で親を看取る」が始まったばかりだった



               私は親の介護後、この話題のテレビ、記事は避けて通っていた





             
              自宅看取り・・・



                 番組で家族で看取った後



                  「これで良かったのか??・・・」と悩む私世代の子





             なんだそうか~~っと




                  自宅でも病院でも施設での看取りは




                   なんにせよ 悩む訳か





             私もこころの奥底ではいつもこれで良かったのかと自問自答していた




            
               番組内の介護を見て いろいろ思い出し涙ポロポロ~~




             カメラが回っているので ちょっとキレイごとのように感じた私・・




                 現実の介護は 糞まみれ尿まみれ 睡眠なんてままならない




              
              私も最後の最後・・「今日か明日でしょう」と往診先生




                       「家での看取りは大変ですよ」と訪問看護師さん




                最後は結局 かかりつけ病院での 看取りだった





            ただ一つ 



               家の介護中は 父の再婚相手のヤキモチもあり



                思うような父への接し方が出来なかった





            病院へは何度も何度も入院、そのたびに私も宿泊看護

                  (わからんちん我儘で病院からの要請)




             でも最後の入院は



               私と父 二人で 素直な気持ちで看取ることが出来た





            自宅看取り 病院看取り 施設看取り



               それぞれ その時の事情で変わることもあっていいのでしょう




             ただし



                私達 団塊世代はそういうわけには行かないな・・・




                    老人大国に突入




                       私は どう死ぬにだろう




            

      昨日はご老人様(父の再婚相手)施設から連絡あり



                 新聞2紙は勿体ないのでやめましょうと



                    だんだんと年金内で収まらなくなってきた・・・不安~~


                 

                 投薬代金が銀行引き落としにしてくださいとも




               銀行印鑑無いから~~~~できません~~~



                 改印しようと銀行行っても



                   「ご本人でないとできません」だ!



                委任状あってもダメらしい




                  これから老人大国 こんな事例がわんさかになる




               どうにかならないものかなあ



                私の立て替えもだんだんと多くなる~~






               今日はまた ミシンキルト教室



                 いろいろな難問忘れるからちょうどいい




               
             

コメント

  1. メーメー | URL | /Cc3pzXQ

    後悔はしても もう取り戻せない

    舅(明治生まれ)を送ったとき 姑は(家で看取るの画当たり前だと、暗に言われてたような・・・)で、最後の最後になって とても家では無理だと そこでお医者さんに相談して やっと、その許可がおり・・・でも、その時は 時既に遅く 結局家で舅を送りましたが。。。
    思ってるより 考えてるより とんでもなく大変な事で。。。
    家族だと言う事が 血のつながりが かえって邪魔になって 他人なら 口にしない事を言ってしまったり 仕事としてなら出来る事が 身内の事を無報酬ですると考えて不満に感じたり 自分だけ! なんであの人がやらない! なんて不満が生まれて。。。。
    今思い返しても 後悔なのか それとも あれで良かったのか どっちも考えて はっきりした結論に至ってません。
    字のごとく 先には考えも付かないのが 後悔です。いくら考えても事前には解らない事いっぱいでした。
    で、もう取り戻せないのです。そして、その真っ最中は 時の流れが何時もより ずっとずっと早く 自分が拘束される時間は ずっとずっと長く。。。
    いつも、私の頭の片隅にある問題です。此処で、今一度考え直しています。結論は出ないでしょうけど。。。
    やっぱり、勝手だと言われても 自分の事から始まって それからもう一人の人の事 そして次 って、それしか無いと思いますけど。。。自分がつぶれたら 始まりません。

  2. mimaka | URL | 1XT6wfZw

    メ―メ―さま

    v-22明治生まれの舅姑とのご同居だったのですね!それはそれはいろいろご苦労があったことと思います。
    頭が下がります。私なんてまだまだ・・・。

    私は何人もの看取りをしてその都度「これでよかったのか」と・・・
    最近は特に自分に置き換え考えてしまいます。
    婆さんになった証拠ですねv-411

    そうです、自分がつぶれたらお仕舞、子供達にも言っておきましょうね。

  3. 桜。 | URL | -

    Re:自宅看取り

    主人を思い返して目頭熱くなりました

    「ここで(自宅)死にたい」って
    言ってましたが
    最後は治療のため入院した病院で
    入院4日目で息を引き取りました

    主人も私も介護介助生活が限界でした

    色々後悔しないわけではないですが
    これで「お互いが楽になった」 
    って思います
    (頭だけしっかりしていた主人には
      心身共に 非常に苦痛な日々でしたから・・)


    あと、一昨年ほど前に母が脳梗塞になり
    いろんな病院に入院し
    今は病院併用の施設に入院しています
    母は私が迎えに来てくれると
    思っているようですが・・
    「お母ちゃん、勘弁」って。。。

    旦那を看ていなかったら。。。
      (介護していなかったら)
    もしかすると
    母を受け入れていたかもしれませんけど

    介護は簡単なもんじゃありません
    自宅介護をしたことの無い人には
    絶対わからないと思います

    いずれ自分も。。。って思うと
     ・・・考えておかなきゃ と思います

    長々とごめんなさい

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)