戦争を伝える

2014年06月25日 17:11






                  戦争の伝達が薄れてきて


                     体験者も高齢 風化しつつある現状



                私の小さい頃はまだまだ戦後10年位


                    ことあるごとに 戦争の悲惨さを聞かされ 怯えた



                現代は平和・・・・?・・・それは考え方でそれそれ違うかも・・



                 空からの自動操縦爆撃で 気がついたら 背負っていた赤ちゃんが死んでいたとか


                 空襲警報で防空壕へ危難 夜を明かすこともあったとか



                 私の育ったころは あちこちに防空壕跡があり


                      知らず知らず戦争を知っていた



                体験はしていないでも 戦争の怖さだけは頭に叩き込まれている




                父は戦争中は軍の物資を納める仕事をしていたので


                      徴兵を免れたとか


                 

               母からは強く戦争反対の難しい話も聞かされ


                   私は 母の思想を少し受け継いでいたかもしれないけれど



               いろいろな 活動をしている母を見て 反面教師かな・・・




                    今年は広島へも行き 原爆ドームも見学した


                     日本人として 長崎 、沖縄も 一度は行きたい 




               
                 ちょっと なぜか 今日は 戦争の話題になってしまった




                    今日は蒸し暑い



                     サッカーは負けた 残念