私の記録⑧

2010年10月27日 09:00

     



     仕事① 空気の良い団地に引っ越ししてからは
          午前中は子供達をママ友とおしゃべりしながら外で遊ばせ午後はお昼寝させ
          その時間は私の時間、楽しい時間、ミシンの時間
 
          そんな時近所の洋裁と編み物の先生をしている方から仕事の話が・・
          え~~私で大丈夫?(私は母と叔母から習っただけの技術)
          でも・・・お金も欲しかったので・・・即返事ハイ!
          最寄駅前の婦人服屋さんのお直し仕事でした
          稼いだ稼いだ~~!
          技術はこのお直し仕事で腕が上がりお金は頂けるしで自信がつき
          このときから私の仕事は洋裁一筋になりました
          子供達が保育園に入ってからは時間がたっぷり
          それまで自転車に乗れなかった私・・・
          練習練習して仕事の洋服包みを前後ろに山ほど積んでの行ったり来たりでした
          一人ではやりきれないほどの量で近所のママ友にも手伝って貰いながらの3年間

          そして夫の仕事の都合でまたまた引っ越し~
          ここでもお直し仕事を見つけ、そのうち既製服(ブラウス)の縫製仕事が舞い込んで
          大量縫いするために工業ミシンを購入
          縫った縫った一日にブラウス20枚は楽々~(勿論裁断済)
          でもお直し仕事との両立はちょっときつかった(当時は欲張りだった)

          その後お陰様で念願の家を持ち、そして少々家計も安定

          変化のない縫製仕事に飽き飽きしてきたので見切りをつけ辞めました

          でもまたまた舞い込んだ仕事に魅力を感じ始めることに・・