脳が活性化したご老人様

2010年11月13日 09:00

            





先日のご老人様とお出かけの続き


        

        ご老人様から急にピタッと電話がかからなくなって不気味・・・と思っていたら

            先日、施設の部屋で、それとなく見た・・

              充電器の上に電話がない 電話器も無い(どこへやったやら・?)


               充電が切れて掛けたくてもかからない状態な訳だったのね


           
                 想像通り


            何回教えても忘れちゃうので・・・そのまま知らん顔


              電話の恐怖から逃れられるのでね


             本人も電話のことは口にしないのでそ~~としておきます


          
           私の親切心から携帯電話を用意したけれど

               結果は、私の首を絞めることになっちゃったもの



             

            先日の会話

             
             私 「 私も薬を飲むような歳になっちゃったわ 」


        ご老人様  「 そりゃそうでしょう~ 」

             
             私 「 私、もしかしたら口の中の手術するかも・・」


        ご老人様   「あら~~~手術できる体力があるからいいじゃない 」

             
             私 「私の方が先にあの世行きなんてことになるかもね・」


        
        ご老人様  「 何言ってるの!それは困るわよ!私が困るわ! 」 



                 ふ~~こんな会話が延々と続いて


               
            いったい・・私をどんな存在と思っているのでしょう?????             




           こんな調子でいつもいつも年の功のご老人様のお口に負けちゃう私です

              

             


             ご老人様は施設にも慣れて

                施設の方や入居者との関わりがあるので


              脳が活性化・・・結果・・・お口も健在



             一日3回の食堂の往復、トイレ、洗面も何回か・・


             歩行もとってもしっかりしてきちゃいました


               ご老人様、それとなく私に

                 家に帰りたいオ~ラを浴びせかけています



              可愛そうだけれど


                 それだけは  だ~~~め


             
               
             活性化したとはいうものの

                 やっぱりそれはそれなり


              息子達が行ったことは覚えていない


                ご老人様「 赤ちゃんまだ見ていないのよね~

             
                       私「え??この間家族4人で来たでしょ?」


                ご老人様「え~~・・・???そう????」

                       
                       私「お菓子を買ってきてもらったでしょ?」


                
                 ご老人様 「お菓子は覚えているけど・・4人で?


            
                息子が買ってきたくれたお菓子だけは覚えているらしい


                 

                なんだかんだと言っても

                施設職員さんも親切でやさしいし

                入居者の方々とも少しずつおしゃべりもしているらしく


             「 結構、楽しいこともあるのよ 」って・・



                 私もちょっと一安心で嬉しい気持ち